フォリオ(FOLIO)でテーマ投資!なにこれおもしろい!ロボアドバイザーもあるよ

FOLIO(フォリオ)テーマ投資がおもしろい

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

今回ご紹介するフォリオはちょっと変わったサービスで特徴はずばり「テーマに投資」ってやつなんです。

いくつか例をあげると、次のようなテーマがあります。

  • ドローン
  • サイバーセキュリティ
  • 自動運転
  • VR
  • テレビゲーム
  • お酒
  • お寿司

数あるテーマの中から投資先を決めると、テーマごとにフォリオが選定した10社の優良企業に分散投資することになります。

なんかおもしろそうでしょ?(*^^)v

来年(2019年)は資金つくって投資してみたいなと思ってます。

ちなみに10万円から投資可能です!!

フォリオに口座登録(無料)

フォリオ(FOLIO) 運用パフォーマンス

まずは一番気になるパフォーマンスを見てみましょう。

2018年は全般的に株安の年でしたので、おそらく成績は悪いでしょうね。

テーマ

これはほんの一部ですが、フォリオの投資先です。

「ここ1年で〇〇%」のところを見ると、やはり軒並みマイナスの成績となっています。

2018年はしょうがないと思います。こういう年もあるでしょう。

むしろ下げてる今がはじめ時だと思ってます(*^^)v

フォリオ(FOLIO) 特徴

まずはサクッと2分の紹介動画をご覧ください。

フォリオの特徴は紹介動画にもあったとおり「テーマ投資」です。

実際には株式投資なんですが、自分で銘柄を選ぶのではなくテーマを選んで投資します。

するとフォリオが選定した10企業に分散投資してくれます。

フォリオ(FOLIO)の投資方法は2種類

フォリオには「テーマ投資」と「おまかせ投資」の2種類が用意されています。

テーマ投資の場合は、以下のように用意されているテーマから、自分が将来性を感じるものに投資するイメージです。

テーマ2

一方、お任せ投資の方はというと。こんな感じで、ロボアドバイザーとなっています。

お任せ投資

ということで、フォリオは自分でテーマを選んで投資するパターンとロボアドバイザーに任せて投資するパターンの2つが用意されているんですね。

フォリオ(FOLIO)の手数料

手数料はテーマ投資とおまかせ投資で違います。

テーマ投資の場合

0.5%となっています。100万円投資したら1年間で5,000円の手数料となります。

おまかせ投資の場合

3,000万円以内の資産評価額の場合は1.0%。3,000万円以上の場合は0.5%となっています。

ま、3,000万円以上投資する人はいないでしょうから実質1.0%と思ってもらえばよいでしょう。

100万円投資したら1年間で10,000円の手数料ですね。

ウェルスナビも1.0%なので、まぁロボアドバイザーとしては一般的な手数料です。

手数料面ではテーマ投資する方が良さそうですね(*^^)v

フォリオ(FOLIO)の最低投資額

約10万円からです。

ウェルスナビなどは明確に10万円なんですが、フォリオの場合はこんな感じで端数がでます。

フォリオ投資額

10万円を越える場合もあります。

1口が約10万円となるようにポートフォリオを組んでくれます。

フォリオ(FOLIO)のテーマ投資

テーマ投資の場合はテーマを選ぶと以下のような情報が参照できます。

テーマの説明

フォリオ テーマ説明

テーマ(投資先)の内訳

フォリオテーマの内訳

こんな感じでフォリオが選定した投資先10社が確認できます。

テーマ(投資先)の値動き

フォリオテーマの値動き

テーマの値動きが3年、1年、1ヶ月、1週間単位で確認できます。

テーマ(投資先)の注文

フォリオ注文画面

これが注文するときの画面ですが、4つの型から選択して注文します。

4つの型
  • バランス型:リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル
  • ディフェンス型:銘柄の価格変動リスクをなるべく抑えることを狙う投資スタイル
  • グロース型:銘柄の成長性を重視し、企業の更なる成長を狙う投資スタイル
  • バリュー型:銘柄の割安さを重視し、将来的な割安の解消を狙う投資スタイル

と、こんな感じでテーマ投資の場合はある程度自分の判断で投資することが可能です。

フォリオ(FOLIO)のおまかせ投資

おまかせ投資の方は年齢、年収、預貯金を選んで運用プランを診断します。

おまかせ投資の運用プラン診断

フォリオプラン診断1

すると運用プランを提案してくれます。

フォリオプラン診断2

おまかせ投資の運用プラン詳細

フォリオプラン診断3

おまかせ投資の運用プラン資産シミュレーション

フォリオプラン診断4

開始金額と毎月の積立額を自分の運用に合わせて変更してシミュレーションが可能です。

フォリオ(FOLIO) メリット・デメリット

フォリオ(FOLIO) メリット

  • 銘柄に迷わない(テーマを選ぶだけ)
  • 自分の好きなテーマ(分野)に投資ができる
  • 分散投資になる
  • 配当金ももらえる

フォリオの特徴であるテーマに投資するということから、自分が好きな分野だったり将来伸びると思っている分野をテーマとして選んで投資する形なので、「どこの株を買おうかなー?」なんて迷う必要がないのが良いところですね。

投資先はフォリオが10社選定してくれてますので、必然的に分散投資になっています。

また、株式なので配当金ももらうことができます。

フォリオ(FOLIO) デメリット

  • 投資先の株式書類が大量に届く

まだ実際に運用してないのでなんともですが、口コミなどを調べる限りではテーマ投資の場合投資先の株式書類が大量に届くそうです。

というのもフォリオのテーマ投資は10社を選定して分散投資しているため10種類の株式を保有することになります。

なので、その全ての書類が届くというわけです。

なのでテーマを1つ2つと増やすとその都度10社の書類が届くことになるのでしょう。

確かにそれはどうにかしてほしいですね。

たぶんフォリオとしてもユーザの声は知っているはずなので、将来的には紙ではなく電子化してくれるんじゃないでしょうか。

おまかせ投資の場合は「複数のETFで構築」とあるので、おそらく大量の書類は送られてくることはないと思われます。

フォリオ(FOLIO)の将来性のありそうなテーマ

フォリオのテーマ

このようないろいろなテーマの中から投資先が選べますが、ぼくがおもしろそうだなと思ったのをいくつか紹介しますね。

テーマ将来性

この辺おもしろそうじゃないですか?

今はスマホは4G回線ですが、必ず5G回線になるので、将来性ありそうですよね。

e-Sportもこれから伸びそうです。カジノ解禁とかなんか将来性ありそう(*^^)v

特にセルフレジについては、これからめちゃくちゃ普及すると思ってます。

ぼくの家の近くのイオンも導入しましたし、これから伸びる気がしてます。

こんな感じでワクワクして投資してほしいっていうのがフォリオのめざしているところのようです。

たしかにワクワクするかも(*^^)v

フォリオ(FOLIO)でテーマ投資まとめ

ロボアドバイザーといえばウェルスナビが超有名ですが、今後はフォリオ(FOLIO)のテーマ投資ようなスタイルも人気が出るかもしれませんね。

というのもウェルスナビとかテオとか楽ラップとかのロボアドバイザーは入金するだけで自分で考えるという部分が全くないんですよね。

あえていうなら運用プラン(リスク度)を選ぶくらい。つまり面白くないんですよね。

フォリオのように自分でテーマ(投資先分野)を選べてその投資先も明確に見れるっていうサービスはこれから流行りそうな気がします。

フォリオは「個別銘柄(投資先)を自分で考えて探すのは嫌だけど、この分野に投資したい!」って人にオススメです。

みなさんご存知の、あのLINEも可能性を感じたのかLINEスマート投資というサービスを始めてます。

中身はフォリオ(FOLIO)なんです。これ。

フォリオ(FOLIO) LINEスマート投資

LINEスマート投資

LINE Financial株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE Financial)と株式会社FOLIO(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:甲斐 真一郎、以下FOLIO)は、投資未経験者や初心者の方が、身近なテーマへの投資を通じた資産づくりを「LINE」上から行える「LINEスマート投資」を本日2018年10月18日(木)より提供を開始いたしましたのでお知らせいたします。

「LINEスマート投資」は投資初心者の方でも簡単に楽しくご利用いただける、新しいモバイル投資サービスです。

「LINE」から簡単にアクセスでき、時代のトレンドや、皆様の趣味や嗜好に合わせ、「ドローン」や「ガールズトレンド」、「VR」、「コスプレ」など様々なテーマ(現在約70テーマ)から、資産づくりができる、次世代型投資サービスとなっています。身近なテーマに10万円前後という金額で投資でき、かつ、株価変動リスクを比較的抑えられる分散投資により、多くの方に資産づくりを楽しんでいただくことを目指しております。

なお、「LINEスマート投資」は、日本初のテーマ投資型オンライン証券会社であるFOLIOが提供する、次世代型投資サービス「FOLIO」(今年8月8日より本格スタート)を基盤としています。

LINE公式サイトより~

フォリオ(FOLIO)のアプリ

気になる人はアプリダウンロードしてみてくださいね。見やすくて使いやすいですよ(*^^)v

アイフォンアプリ

アンドロイドアプリ

フォリオ(FOLIO)はじめるなら今がチャンス?

2018年は株式相場は世界的にも下落相場でした。

冒頭でもご紹介したようにフォリオのテーマ投資もほとんどがマイナスだったようです。

だからフォリオはダメなのか?

そうではなくてそういう年もあるということを理解しておく必要があります。

フォリオに限らずぼくが運用しているウェルスナビも2018年は鳴かず飛ばず状態でした。ずーっとマイナスです(^^)/

でも下げてる今のうちに投資しておくと将来的な値上がり時に大きなリターンが期待できますよね。

なので、はじめるなら今がチャンスなのでは?

と思ってます。ぼくも口座開設が完了して運用はじめたら実績報告しますね。

\自分の好きをテーマ投資/
フォリオに口座登録(無料)

フォリオ(FOLIO) 口座開設方法

以下のボタンより公式サイトへ遷移します。

フォリオに口座登録(無料)

フォリオ口座登録1

フォリオアカウント登録1

LINEアカウントでも登録できます。

以下のようなメールが届いてますので、本登録に進めます。

フォリオアカウント登録2

メール中のリンクをクリックすると以下の画面になりますので、仮登録したメアドとパスワードでログインします。

フォリオ本登録

本登録が完了し個人情報の登録に進みます。

フォリオ本登録2

プロフィールを入力

フォリオ本登録3

連絡先を入力

フォリオ本登録4

マイナンバー情報のアップロード

フォリオ本登録5

すべて完了すると確認待ち状態となります。

フォリオ本登録6

本人登録が問題なければ口座登録が完了し開設通知書が届きますので、入金して取引開始可能となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も当ブログめざすぜ億リーマンをどうぞよろしくお願いいたします。

ツイッターフォローいただけると嬉しいです(*^^)v

めざお(@Mezaoku_tweet

LINE@もはじめました。ツイッターやLINEでなんでも聞いてくださいね(*^^)v

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください