【ループイフダン】アイネット証券とひまわり証券の違いを徹底比較!どっちがいい?

ループイフダンアイネット証券とひまわり証券どっちがいい?

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

ループイフダンはアイネット証券とひまわり証券が提供していますが、どちらで運用する方がよいのでしょうか?

そう思ってこの記事なたどりついていただいてるかと思います。

結論から言うと「アイネット証券」のほうが良いです。

その理由を解説していきます。

アイネット証券とひまわり証券の比較

取り扱い通貨の比較

ループイフダン取り扱い通貨一覧

圧倒的にアイネット証券の方が取り扱い通貨が多いですね・・・。

次に手数料面をみていきます。

取引手数料の比較

取引にかかる手数料はアイネット証券もひまわり証券も無料となっています。

これは嬉しいですね(*^^)v

では実質の手数料となるスプレッドはどうでしょうか?

スプレッドの比較

ループイフダンスプレッド比較2

同じ通貨ペア同士のスプレッドは同じとなっています。

取り扱い通貨がひまわり証券の方が少ないもののスプレッドに関しては違いはありませんね。

スワップポイントの比較

ループイフダンスワップ比較

うーん。どうみてもアイネット証券の方が高いですね。

特にアイネット証券の高金利通貨(米ドル、トルコリラ、南アランド、メキシコペソ)は通常のFX会社と比較してもかなりの高水準です。

売買システム(設定値幅)の比較

下図はアイネット証券の目安資金表です。

目安資金表

要はこの設定値幅パターンが多いほど運用パターンも多くて良いということです。

ループイフダンの売買システム(設定値幅)について、以下の表のとおり取り扱い通貨ごとに比較してます。

上段がアイネット証券、下段がひまわり証券

ループイフダン設定値幅比較

ドル円とポンド円は同じ。

ユーロ円、豪ドル円、ユーロ/ドルについてはアイネット証券の方が有利となりました。

ループイフダンを運用するならアイネット証券!

結論は

もうまとめるまでもなさそうですが、ループイフダンを運用するならアイネット証券の方が良いですね。

アイネット証券が良い理由

  • 取り扱い通貨が多い
  • スワップポイントが高い
  • 運用設定値幅パターンが多い

上記3点はすべて重要です。

取り扱い通貨が多い

通貨によって地合いが良い時もあれば悪い時もあります。

必然的に取り扱い通貨が多い方が地合いが良い通貨を運用できる確率が高くなりますね。

スワップポイントが高い

実際にぼくもスワップポイントが高い通貨を狙って運用を始めました。

自動売買は相場が逆行した場合に含み損ポジションを長期間かかえる時期が必ずあります。

その時にスワップポイントが高ければ、多少なりともメンタル的に良い影響があります。

下手したらスワップポイントで含み損を相殺できる可能性もゼロではありません。

運用設定値幅パターンが多い

例えばユーロ/ドルの場合、ひまわり証券だと100の設定がありません。

ひまわり証券だとぼくが運用したかった米ドル円50銭、ユーロ/ドル100PIPSの組み合わせでの運用ができないんですよね。

設定値幅を大きくとって低リスクでゆったり運用したいという場合に設定が選べないのはつらいところです。

まぁ、あとは単純に100PIPSという切りの良い幅で運用したいのにー・・・。

とはがゆい思いもしたくないですしね(*^^)v

はい。ということで、ループイフダンを運用するならアイネット証券で決まりでしょう。

ひまわり証券はこれからに期待したいところですね。

ループイフダンは手数料も無料で簡単に始められて初心者の方にはオススメです。

自動売買に興味があるならまずはループイフダンからはじめてみてはいかがでしょうか(*^^)v

ループイフダンで簡単自動売買
ループイフダン口座登録(無料)

実際にぼくがアイネット証券で運用しているループイフダンの運用実績をご覧ください。

めちゃくちゃ良い運用ができますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も当ブログめざすぜ億リーマンをどうぞよろしくお願いいたします。

ツイッターフォローいただけると嬉しいです(*^^)v

めざお(@Mezaoku_tweet

LINE@もはじめました。ツイッターやLINEでなんでも聞いてくださいね(*^^)v

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください