ワンタップバイがIPOを始めるよ。専用アプリは「誰でもIPO」

ワンタップバイIPOサービス開始

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

ワンタップバイが攻めてます。

ついこの前開始したCFDサービスに続き、今度はなんとIPOサービス開始です。

11月下旬にサービス開始とのことですので、早めに口座開設してきましょう。

なんと1株から申し込み可能ですよ!!

One Tap BUY口座登録(無料)

これはおもしろいっ!!

ワンタップバイのIPOとは

ワンタップバイIPO

~IPOとは?~

IPO(Initial Public Offering)とは、新規株式公開と呼ばれ、未上場の企業が上場して新たに株式を公開することを言います。
IPOは公募価格(上場前に設定される株価)よりも初値(上場日に最初につく株価)が高くつくこともあり、上場後の株価の値上がりを期待する投資家もいます。直近10年間で初値が公募価格を上回った銘柄数は新規公開した銘柄のうち79%にもなります。(直近10年間:2008年10月~2018年10月 出所:Bloomberg)

~ワンタップバイのサイトより引用~

要はこれから新しく新規上場する株を事前に購入できるんですね。

そして上場日には約80%の銘柄が公募価格を上回るという実績があります。(直近10年間の実績)

なので、投資の初心者にオススメなんです。

ですが、初期資金がネックでした。それが・・・。

日本初!なんと1株から申し込み可能

ワンタップバイIPO一株から

これはすごいです。通常IPOの申し込み株数は100株ですから。

当然、日本初です。こんなのは・・・。

一株だいたい1,000円~3,000円くらいですので、通常のIPOでの最低資金は10万円~30万円くらい必要となります。

これが一株から申し込みできるということは、おそらく1万円で10株とかでも申し込みできるはずです。

これ、めちゃくちゃ良いですよ。

ぼくらみたいな一般投資家にとってIPOは初期資金が大きいことが難点だと思ってましたから。

5万円くらいで挑戦したいな(*^^)v

超期待してます。

IPOサービス開始時期

11月下旬にアプリがリリースされて、サービス開始となります。

アプリがリリースされてから口座開設していたら初めのIPOに間に合わないかもしれませんので、早めに口座開設しておきましょう。

ワンタップバイの口座を開設しておけば、すべてのサービス(CFD・IPO・おいたまま買付)が利用可能です。

One Tap BUY口座登録(無料)

ワンタップバイのIPOアプリ

公式ホームページにIPOアプリのイメージが掲載されていましたので、紹介します。

ブックビル期間

IPOにはブックビル期間というのがあり、この期間中に申し込む必要があります。

ワンタップバイアプリ1

サンプルを見る感じだと「お振込」をタップしてから入金すると申し込み完了となるようですね。

ワンタップバイアプリ2

申し込み完了するとこの画面になるのでしょう。

IPO抽選結果確認

ブックビル期間が終わるとこの画面で抽選結果を確認できるようです。

いやー。遊び心ありますね(*^^)v

ワンタップバイアプリ3

で、当選してればこんな画面になるようです。

ワンタップバイアプリ4

「次へ」をタップして正式に購入申し込みって感じでしょうか。

ワンタップバイのIPOに参加するには

IPOへ参加するにはワンタップバイ証券会社の口座を開設していれば誰でも抽選申込可能です。

IPOは抽選申込するための応募の期間(ブックビル期間)が限られているため、証券取引口座を早めに開設しておくことをおすすめします。

ワンタップバイ公式より「通常、口座開設には1~2週間お時間を頂いておりますが、サービス開始時は、大変混雑が予想されます。」とのこと

とにかく、サービス開始すぐにワンタップバイのIPOに申し込みしたければ、すぐに口座をつくっておきましょう。ってことです。

One Tap BUY口座登録(無料)

詳細はサービスが開始されたら追記していきますね。

ワンタップバイ(米株版)の詳細記事は以下をどうぞ!

ワンタップバイを評価!手数料・評判・銘柄・配当金をブログで解説

IPOなら完全平等抽選の岡三オンライン証券もオススメですよー(*^^)v

岡三オンライン証券のIPOに申し込み。勝率80%の新規上場株をゲットせよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください