【投資本、ゴルフ本】おすすめ名著の紹介

アイキャッチ

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

今日はめざおおすすめの投資の本をご紹介したいと思います。

投資の本っていったら、みなさんのイメージはやっぱりチャートの本とかテクニカルの本って感じですかね?

めざおも最初はそうでした。でも、今は投資において一番大事なのはメンタル(感情)だと思ってます。

チャートやテクニカルを駆使して勝ててますか?勝ててれば良いですが勝ててなければ、是非、これからご紹介する本を読まれると良いのではないかと思います。

それではご紹介していきますね。趣味のゴルフおすすめ本もあわせてご紹介しますね(^^)/

おすすめ投資本

ゾーン相場心理学入門

著者:マーク・ダグラス

以下、3点を信念として身に着けてほしいと書かれています。

  1. 利益を出すために次に何が起こりそうか知る必要はない
  2. 何事も起こり得る
  3. どの瞬間も唯一のものである

心理的なアプローチから収益性のあるトレーダーになるために必要な思考法について書かれた本です。

本のタイトルである「ゾーン」とは何か。是非、読んでみてください。

心理的な面でトレードに関する考え方が変わると思います。

タートル流投資の魔術

著者:カーティス・フェイス

カリスマ・トレーダー、リチャード・デニスとウィリアム・エックハートが教育した伝説のトレーダー集団「タートルズ」について書かれた本です。

そのメンバが未経験だったにもかかわらず、どのようにしてわずか2週間の研修プログラムによって巨額の利益をあげていったのか、どんな手法を伝授されたのか?

この本はどちらかというと心理よりも考え方について書かれています。

どのようにして伝説のトレーダー集団が形成されたのか必見です。

はじめての人のための3000円投資生活

著者:横山 光昭

この本はですね。投資に抵抗があるけど、興味はある。あまりリスクはとりたくないけどお金は増やしたい。

という人におすすめです。

投資信託の積み立て投資が中心になっていますが、生命保険や学資保険にも触れられています。

月々3000円なら投資してもいいかなーと思えますよね。なんかを節約すれば3000円くらいすぐに捻出できますし、慣れてきたら額を大きくしてもいいと思います。

めざおもこの本読んで投資信託はじめました。

銀行に預金しておくくらいならちょっと投資してみようかなーと思える本です。

人生を変える一番シンプルな方法 セドナメソッド

著者:ヘイル・ドゥオスキン

あなたが求めているものは、すでにあなたの中にある。誰もが生まれながらに持つ能力を引き出す「手放しの法則

感情を解放すると人生が変わる

セドナメソッドについて書かれた本です。

セドナメソッドって何?って感じですが、これうまく説明できません。感情を解放する方法について書かれています。

方法は以下の通りです。

「今、何を感じていますか?」→「不安」「怒り」など

「その感情を認める事はできますか?」→「はい」/「いいえ」

「それを手放せますか?」→「はい」/「いいえ」

「手放しますか?」→「はい」/「いいえ」

「いつ?」→「今」

日常においてマイナスな感情が邪魔をしてやればできることもできなかったりします。そのマイナスな感情を解放していくと気づいたらできるようになってるよ的な感じですかねー。。。

んー。この本はうまく説明できない。とにかく読んでみてください。読めば意味分かります。

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

著者:中島 真志

日銀出身の決済システムの第一人者が、未来の通貨として注目されるビットコインの崩壊を、その設計と運用の両面からいち早く予測。さらに仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」が、ゴールドマン・サックスや三菱東京UFJ銀行、そして各国の中央銀行を巻き込みながら、金融界に大革命を起こしつつある状況を鮮やかに描く。

めざおもまだ購入してないですが、仮想通貨を勉強するためにも購入予定です。

おすすめゴルフ本

モダン・ゴルフ

著者:ベンホーガン

ゴルファーなら知らない人はいないと思いますが、あのベンホーガンが書いた本です。

この本の特徴は一切写真は使われておらず、すべて丁寧な絵で解説されています。

内容についてはゴルフの基本的な部分であるグリップ、スタンスとアドレス、スウィングの前半、後半について事細かに分かりやすく解説されているレッスン本です。

これからゴルフをはじめる初心者の方にも、上級者の方の振り返りにも勉強になる本だと思います。

あ・うんのゴルフ

著者:横田真一 & 廣戸聡一

4スタンス理論について書かれた本です。

基本的に人は4つのスタンス(A1、A2、B1、B2)に分かれるそうです。

この本がおもしろいのは日常の動作から自分がどのタイプなのか判別できます。例えば、カバンの持ち方だったりペットボトルの蓋の開け方だったりから判別します。

で、そのタイプによって適したグリップの持ち方、アドレスの取り方等があります。

長年、自分のタイプにあっていないグリップの持ち方だったり、アドレスの取り方になっている人が多々いるそうです。

めざおも実際にタイプを判別してそのタイプにあったグリップの持ち方にしたらスコアアップしました。

最初は違和感ありますが、慣れると確かにしっくりくるようになります。是非、ご自分のタイプ判別をしてみてくださいね。

ハーヴィー・ペニックのレッド・ブック

著者:ハーヴィー・ペニック

この本はゴルフの技術的な内容というよりも、ゴルフへの向き合い方や考え方について書かれています。

とても優しい言葉で書かれておりハーヴィー・ペニックは本当にゴルフが好きなんだなーと思える本です。

読んでいるとなーんか、のほほんとなってきます。

あとがき

はじめて、本の紹介ブログを書いてみましたが、おすすめポイントを説明するのって難しいですねー。

本なのでいつものチャートの絵やキャプチャ貼れないので、文章で良さを説明したいのですが、文章力のなさにへこんでしまいました。

もっと、内容を読み込んで良さをお伝えできるようにリライトしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事もお読みいただけると嬉しいです>>>ホームから他の記事を読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.