SBI証券のロボアドバイザーって?ウェルスナビとテオを運用するメリット

SBI証券ロボアドバイザー

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

最近、はやりのロボアドバイザー。

SBI証券にはロボアドバイザーとしてウェルスナビとテオが運用できるようになっています。

SBI証券の口座があれば始められますので、資産運用をはじめようとされている方にはオススメです。

簡単にご紹介します。

最低資金はいくら?

必要資金
  • ウェルスナビ:10万円
  • テオ:1万円

ウェルスナビは以前は100万円からでしたが、30万円⇒10万円と今では投資の初心者でも運用しやすくなりました。

人気があるのに初期資金が大きすぎて運用できないという課題が解消されたんですね。

テオは1万円からと低資金で運用可能です。

どちらもコツコツ積み立て運用ではじめても良いですね。

SBI証券でロボアドバイザーを運用するメリット

ウェルスナビとテオはそれぞれの専用サイトで口座登録もできます。

でもSBI証券で口座登録しても運用方針も手数料もサービス自体は全く同じです。

ウェルスナビ、テオそれぞれで口座登録するくらいならSBI証券でいっぺんに口座登録したほうが楽ですね。

ぼくが考えるメリットは以下です。

SBI証券で運用するメリット
  • 口座開設が楽
  • ウェルスナビとテオが合わせて管理画面で確認できる
  • 利益をSBI証券の他の商品に投資可能

口座開設が楽

SBI証券のサイトから口座開設が可能なので、楽です。

わざわざ、ウェルスナビ、テオそれぞれのサイトから開設する必要はありません。

SBI証券だと合わせて管理可能

ウェルスナビとテオをそれぞれのサイトで口座開設すると、当然、それぞれの画面にログインして運用状況を確認する必要があります。

でも、SBI証券で運用していれば一つの画面で一目で運用状況が確認可能です。

資産評価額

ロボアド評価額

このようにウェルスナビとテオを合わせた評価額が一目で確認できます。

運用実績

ロボアド運用実績

運用実績もこのように確認できます。

将来的に運用益を他の商品に投資可能

ロボアドバイザーで出た運用益は解約の手続きが必要ですが、そのままSBI証券で投資に利用できます。

ぼくは将来的にそれを見越してSBI証券で口座開設しました。

SBI証券のロボアドバイザー

ウェルスナビについては以下の記事で詳細に解説していますので、ご覧くださいね。

ウェルスナビの始め方・評判・手数料・実績まとめ。資産運用の手間をゼロに!

これからはさらにロボアドバイザーの需要は高まると想定しています。

長期・分散・積立を全自動で行ってくれるので、資産運用の初心者の方には良いサービスですよね。

手数料が高い等の話もあるかと思いますが、手間賃と思えばいいのかなと。

SBI証券の口座開設とあわせてロボアドバイザーの運用もはじめてみてはいかがでしょうか。

SBI証券公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください