GMOコイン。ビットコインFXのはじめ方

アイキャッチ

こんにちわ。めざおです。

今日はGMOコインでのFXのやり方を記事にしてみました。これからGMOコインビットコインFXをはじめようと思われている初心者の方の参考になれば幸いです。

1.まずはレバレッジを設定しよう

まず、GMOの画面にログインしてね。

ポイント
レバレッジを25倍でやりたい場合は2と3は上記の通り設定しましょう。でないとダメっていわれます。

これでレバレッジの設定は完了!!

さぉいよいよ取引です。その前に指定口座への入金をお忘れなく!!

追記:2018/02/19現在ではレバレッジは5倍までしか設定できなくなってます。

2.ビットコインFX注文方法

注文の種類は後で説明しますね。

これで発注されます。

ビットコインFX注文の種類

成行現在の価格で買いもしくは売り注文を出すこと
指値希望の価格に買いもしくは売り注文を出すこと
IFD希望の価格に指値注文を出し、希望の価格に決済注文を出すこと
OCO現在の価格の上下に指値注文を出すこと
IFD-OCO希望の価格に指値注文を出し、その価格の上下に決済注文を出すこと
言葉だけではわかりづらいので、絵で説明しますね。

成行注文とは?

指値注文とは?

IFD(イフダン)注文とは?

ポイント
指値注文と指値決済注文が一度に設定できるよ

OCO(オーシーオー)注文とは?

ポイント
指値注文を現在価格の上下にそれぞれ設定できるよ

IFD-OCO(イフダンオーシーオー)注文とは?

ポイント
指値注文とその価格の上下に決済注文をそれぞれ設定できるよ

どうですかね?イメージつかめました?

注意
IFD注文OCO注文の場合指値逆指値の指定に注意しましょう。

これが以外と分かりづらいんです。

買いの場合
指値 :今の価格よりの価格
逆指値:今の価格よりの価格
売りの場合
指値 :今の価格よりの価格
逆指値:今の価格よりの価格
買い売りかによって意味が変わってきます。実際の画面で説明します。

OCO注文の買いの場合

ま、OCOの場合はわかりやすいですよね。売りはこの逆。じゃ次。
IFD注文になるとちょっとややこしくなります。
注文は指値?逆指値?決済は指値?逆指値?を指定する必要があります。

IFDで買いで注文も決済も逆指値の場合

決済注文を指値にする場合は850000より上を指定ですね。じゃ、注文が売りの場合は?とか考えると結構ややこしんですよ。たぶんIFDが一番混乱します。じゃ次

IFD-OCOはどうでしょう。

IFD-OCOで買いの場合

ま、IFD-OCOはわかりやすいですよね。指定した注文価格の上下に決済注文を入れる感じですね。

指値と逆指値を有効に使いましょう
決済注文における指値は利確のため、逆指値は損切のためにあります。FXで稼ぐためには絶対的に損切が必要です。自分で損切する自信がない人はあらかじめ逆指値で決済注文しましょう。逆に利確する自信がない人は指値で決済注文しましょう。

ビットコインFXチャートの見方について

これからFXをはじめようとされる方は当然チャートを見ながらトレードされると思いますが、たぶんいろんなテクニカルを勉強されるでしょう。ボリンジャーバンド、移動平均線、MACD、一目均衡表とか。いいと思います。じゃんじゃん勉強してください。基礎知識としてはあったほうがいいです。

実際、テクニカルを使って稼いでいるトレーダの方もいらっしゃいますし。テクニカルが大事という意見も全く否定しません。

めざおも始めたころはいろんなテクニカル勉強しました。そりゃもういろんな本読みました。そして、おぉこれさえ知ってれば楽勝じゃん。と。。。

で、相場に挑んだ結果は。。。全然勝てませんでした。

テクニカルは人によって向き不向きがあると思います。結局テクニカルってあくまでもチャートの結果が反映されているだけですから。そしてチャートは大衆心理の現れです。そして大衆心理はだれにも予測できません。

テクニカルはどっちかというとチャートの形の後付けです。あ、でも、めざおはただ単にトレード下手なだけです( ˘•ω•˘ )

あまりテクニカルには頼りすぎないほうがいいと思います。結局、最終的に大事なのは

自分のルールを作って、そしてそれを徹底することです。

そのルールにテクニカルを組み込むのは良いと思います。ただ、そのルールは徹底しましょう。

トレードで稼いでいる人は必ず自分のルールを徹底されています。

やってみればわかりますが、自分のルールを徹底するのって相当むずかしいです。特に意思の弱い人は。

ということで全然勝ててるわけではありませんが、大衆心理を意識しためざおのルールは

トレンド、水平線(価格)を意識してエントリー

たったこれだけです。チャート(ビットコイン4時間足)で説明します。

単純に10万きざみで黄色の水平線を引いてます。赤丸のところが水平線で抵抗しているところです。青丸のところは耐えてきた80万台を割って暴落しているところです。その後は70万で一旦反発してでも割って、60万で止まって反発してますね。

やっぱり大衆心理は価格(レート)に現れてるんですよ。みんなきりのいい価格を意識してるし、そこに指値や逆指値がいっぱいあるからそこでチャートが反応するんです。

もうこれエントリーポイントの説明いりませんよね。赤丸でエントリーすればいいだけです。違ったら損切するだけ。青丸のところは長期のトレンドは上なので、勇気のある人は売りでチャレンジかと思います。

そして今現在はというと、87万あたりをウロウロしてますね。どっちいくんでしょうね?わかりませんね。静観が一番です。あきらかに動き始めたほうについていけばいいだけです。

でもこれ上いくよね?はいろうかな。あかんあかんルールやルール。

このルールは短期トレーダーの方にはあまり向かないかもしれませんが、テクニカル駆使して勝てなくて悩んでいる方は、もっと簡単に考えて長期足に水平線をひいてみてはいかがでしょうか。見えてくるものがあると思います。

というか短期で稼いでいる人はほんと尊敬します。特にスキャルで勝ってる人は天才ですよ。うらやましい。

こちらもどうぞ⇒ビットコインFX@トレードスタイルとチャート

ビットレ君

えっと、最初のほうで注文画面たらたらと説明しましたが、結局、みんなこれ(ビットレ君)使いますよね。

静観と言いつつ今のところちょっとだけ遊んでます(*^^)v
最後までお読みいただきありがとうございました。
ザイフの積立は超おすすめですよ>>>ザイフで積み立てしよう