トライオートETF自動売買セレクト「カウンター」をブログで解説

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

いやー。インヴァスト証券。ほんと攻めてきますねー。

ついこの間に新ロジック「ライジング」が追加されたばかりなのに、さらに新ロジック「カウンター」を用意してきました。

参考:トライオートETF新ロジック追加。ナスダック100トリプルライジング

さて、どんなもんか紹介してきますねー(*^^)v

そもそもトライオートETFって何って方はまずは以下の記事をお読みください。

参考:トライオートETFとは?ナスダック100トリプル_スリーカードの設定や実績をブログで公開

自動売買セレクト新ロジック「カウンター」

今まで、トライオートETFには3つのロジックがありました。

3つのロジック特徴
  • 追尾(レンジに強い)
  • スリーカード(上昇相場に強い)
  • ライジング(上昇相場にさらに強い)

この3つのロジックの場合、下落局面のときに含み損をかかえたまま、高値更新するまで取引されないという欠点がありました。

要は下落局面で利益がでない。

その欠点を補うために登場したのが「カウンター」という新ロジック

新ロジック「カウンター」のコンセプト

今までのロジックはフォロー値(上昇局面での取引)や利益確定幅にこだわってきましたが、このロジックは名前の通り、カウンター値(下落後での取引)にこだわっています。4つの異なる深さのカウンター値を持っていて、下落後の相場でも一定の取引を目指すように設計されています。

カウンターロジックコンセプト

このように4つのカウンターを仕掛ける訳ですが、すこし分かりづらいですね。

こういうイメージです。(下図)

カウンター自動売買イメージ

新ロジック「カウンター」は、1つのロジックに12本の自動売買注文がセットになっています。「スリーカード」(9本)や「ライジング」(6本)よりも自動売買注文数は多くなっているので推奨証拠金額は増えますが4つの下落幅のレンジを捉えることができるようになっています。

新ロジック「カウンター」の特徴

特徴をまとめます。

「カウンター」の特徴
  • 4つの下落幅のレンジを捉えることが可能
  • 下落局面に強い
  • 推奨証拠金が多め

推奨証拠金は重要ですね。

最低いくらなのかみてみましょう。

カウンター証拠金

ナスダック100トリプルの場合、47,717円となっています。

少し余裕を持って6~7万円用意すると良さそうですね。

ちなみに現時点でカウンター対応銘柄は、ナスダック100トリプルと金融株トリプルの2つのみです。(今後増える予定)

その他3つのロジックの売買イメージ

おさらいの意味も込めて、他3つのロジックの売買イメージのせておきますね。

追尾のイメージ

スリーカードのイメージ

ライジングのイメージ

おすすめのロジック組み合わせ

新ロジック「カウンター」の特徴は分かりましたが、これだけ稼働させてもあまり意味がありません。

ではもう一つロジックを組み合わせ運用するとしたら何を追加すればいいのでしょうか?

もうお分かりですかね?(笑)

そうです。上昇局面に強い「ライジング」です。

組み合わせ証拠金

ライジングとカウンターを組みあせた場合の最低推奨証拠金は72,994円です。

少し余裕を持って10万円で運用すると良さそうです(*^^)v

自動売買セレクト「カウンター」を稼働させました

ちょうど昨日(10月2日の夜)高値を更新したので、カウンターを稼働させたいと思い稼働させたところ良い感じでヒット(*^^)v

こんな感じでカウンターのポジションを保有してます。

が、証拠金に注目してください。

約117,000円しかありません。

ナスダック100トリプルのスリーカード2口稼働させているので、単純にカウンター1口を稼働させると証拠金が厳しいです。

スリーカード2口とカウンター1口を稼働させるための証拠金は約15万円です。

足りませんね?

で、どうしたかというと、いつもの必殺技を使いました(*^^)v

カウンター稼働状況

カウンターはすべて稼働させると12つのポジションですが、そのうち9つを稼働停止にしました。

これでカウンター1口に必要な証拠金、約50,000円が3分の1の約17,000円くらいに減額できたことになります。

当然、ポジション数が減るので利益効率は悪くなりますが、証拠金が足りない場合はこういう楽しみ方もあるんです。

参考になればうれしいです(*^^)v

自動売買セレクト新ロジック「カウンター」まとめ

トライオートETFは下落局面での高値掴みによる含み損を大きく抱えるところが課題でした。

それを解決するために用意されたこの「カウンター」はまさに救世主!

さっそく入金して運用してみたいと思います。

がー、お金がない。

あー、トラリピも運用したいしこの「カウンター」も運用したいし、投資のためにお金がほしいです(*^^)v

投資信託を少し解約してトライオートにまわしますかねー。

ちょっとお金の工面を考えてみます。

それにしてもインヴァスト証券さんは次から次へと新ロジックを生み出してくれるので楽しいですね。

またさらに何か出てきそうです。期待しましょう。

でも、今回の「カウンター」追加により、レンジ、上昇、下落、すべてに対応したロジックが用意されたので、全部運用したら最強かもですね。

みなさんも是非、運用してみてくださいね。

トライオートETF公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください