【運用実績】豪ドルスワップ運用成績をブログで公開2018(10/11更新)

豪ドルスワップ運用実績2018

どうしてもFXということで、資産運用としては敬遠されがちな豪ドルのスワップ運用。

でもやり方次第では低リスクで年利6%の運用が可能です。

ご存知ないかもしれませんが、やってることは外貨預金と同じですからね。

しかも外貨預金より手数料もかなり安くなりますので、外貨預金するくらいならFXのスワップ運用の方が良いですよ。

まだ、始めたばかりでサンプル少ないですが、今後は随時更新していきます。

それでは実際にめざお(@Mezaoku_tweet)の運用実績を公開していきますので、参考にされてくださいね。

ちなみに3万円あれば運用可能です。

まずは以下の記事をお読みくださいね。

豪ドルスワップ運用 2018/09/30

ヒロセ豪ドルポジション

運用実績
  • 為替差益:1,623円
  • スワップ:145円
  • 確定損益:0円

為替差益が結構出てますね。ただ、あくまでもスワップ利益の長期運用なのでこれくらいでは決済しないです。

今後、豪ドル円が円安になり85円くらいになるとちょっと決済も考えるかもしれません(*^^)v

豪ドルスワップ運用 2018/10/11

ちょいと今回の暴落で1,000通貨買い増ししましたので追記しておきます。

豪ドル日足チャート

アメリカ発の世界株安の影響により豪ドルも下落しました。

長期スワップ運用ならここは買い場ですね。買い増ししました。

前回報告では約1,600円の含み益だったポジションも約800円の損失となってしまいました。

ま、スワップ運用なんてそんなもんです。

ポジション状況

さて、今回追加したポジションはすでに40PIPSの利益が出ていますが、スワップ運用なので利確はしません。

短期トレードなら十分な利益ですけどね(*^^)v

ただし82円に利確の指値を入れてます。

指値注文

この指値が決済されれば約3,000円の利益が確定します。スワップ益に換算すると1年分以上の利益ですからね。

証拠金に余裕を持って運用するからこそできる為替差益狙いが豪ドルスワップ運用の良いところででもあります。

今回ポジション一つ増やしたので、証拠金3万円を追加入金しようかなと思いましたが、レバレッジはそんなに高くなく5.34倍でした。

証拠金状況

豪ドルが69円くらいまでの下落には耐えれるレベルですので、今すぐ証拠金の追加はしなくていいかなとの判断です。

豪ドルが75円くらいまで下落してきたら資金追加する予定とします。

さて、82円の指値にささるのかこのまま下落するのか。どうなるでしょうか!

また、ご報告します(*^^)v

豪ドルスワップ運用まとめ

運用状況
  • 運用資金:3万円
  • 運用開始:2018年9月

豪ドルのスワップ運用はほんとほったからかしなので、FXのトレードとは全く別物です。

まさに不労所得となりますので、資金に余裕がある方にはオススメの資産運用です。

スワップだけでなく、為替差益も狙えますので、是非はじめてみてくださいね。

ヒロセ通称なら3万円もあれば十分運用できます。

毎月1万円ずつ積み立てしていく運用も良いと思います。

長期運用で考えた場合10年後には大きな資産になっているはずですよ。

ヒロセ通商公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

まだ、お読みでなければ是非、以下の記事もお読みくださいね(*^^)v

豪ドルスワップ運用はヒロセ通商がおすすめ。ほったらかし投資で年利6%

絶対面白いので色々な運用実績みてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください