豪ドルスワップ運用はヒロセ通商がおすすめ。ほったらかし投資で年利6%

豪ドルスワップ運用ヒロセ通商

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

ヒロセ通商であたらしい資産運用はじめます。

豪ドルのスワップポイント運用です。

スワップポイント運用とは

スワップ(SWAP)は、元々「交換する」と言う意味です。外貨を保有し2国間の金利の差額をスワップ(交換)ポイント(利息)として長期間にわたり受け取る資産運用のこと

年利約6%の運用が見込めますよ!!

やらない手はないでしょう。

それでは豪ドルスワップ運用の注意点等説明していきます。

ヒロセ通商の豪ドルスワップ運用における注意点

豪ドルスワップ運用の注意点
  • 利息は毎日もらえるが引き出せない(証拠金としては利用可能)引き出せるようです。訂正します。
  • ロスカットされない運用が大事
  • 証拠金はいくら必要か

利息は毎日もらえるが引き出せない

僕がヒロセ通商で豪ドルスワップ運用をはじめた理由。それは

他のFX会社と比較した場合、豪ドルのスワップポイントが一番高かったから(2018年9月3日時点)

スワップポイントは毎日受領できるんですが、引き出すことはできません。(引き出せるFX会社もあります)

9月14日追記。スワップのみの引き出し可能なようです。誤ってました。ごめんなさい。


どういうことかというと、これが今のポジションです。

豪ドルポジション詳細

ポジション損益は-685円に対し未実現スワップが5円となっています。

この未実現スワップ5円だけを引き出すことはできないということです。

無理やりもらうならこのポジションを決済しないともらえません。

でも、当然、この状態で決済しても評価損益は-680円なのでなんの意味もありません。

スワップで得た利益を定期的に引き出すことはできませんが、このスワップ益は証拠金としては利用可能です。

なので、長期運用でスワップ益を複利運用として利用するのであれば何ら問題はありません。

ヒロセ通商がオススメなのは長期運用で一番利回り(年利)の良いスワップ複利運用をしたい人です。

スワップ運用はロスカットされないことが大事

長期運用であることはご理解いただけたと思いますが、運用中にロスカットされては、これまた何の意味もありません。

ではロスカットされないためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、どれくらいの最大価格下落を想定して運用するかが重要となってきます。

豪ドル下落価格

ここ10年間の最大下落価格は約75円に対し、過去(リーマンショック後)の最大下落価格は約55円です。

長期運用を考えた場合、この2つの価格を意識すると良さそうですね。

豪ドルスワップ運用の最低証拠金はいくら必要か?

意識する最低下落価格は把握できました。

では仮にその価格まで下落した場合、証拠金をいくら用意しておけばロスカットされないのでしょうか?

最低取引単位の1,000通貨保持した場合のロスカットされない証拠金を考えていきます。

ロスカットされない証拠金 = ①必要証拠金 + ②最大損益 となります。

①必要証拠金はいくら?

2018年9月3日時点のヒロセ通商の各通貨の必要証拠金は以下のとおりです。

ヒロセ通商必要証拠金

豪ドルの1,000通貨での買必要証拠金は3,300円となっています。

②最大損益はいくら?

2018年9月3日時点の豪ドルの価格は約80円です。

ここからリーマンショック後の55円まで価格が落ちたと想定すると以下の損益となります。

80円(現在価格)- 55円(最大下落価格) = 25円(最大下落幅)

最大損益:1,000通貨 × 25円 = 25,000円

ロスカットされない証拠金はいくら?

ロスカットされない証拠金 = ①必要証拠金 + ②最大損益

でした。なので

ロスカットされない証拠金 = 3,300円(①必要証拠金) + 25,000円(②最大損益)= 28,300円

つまり

最大下落価格を過去最低の55円と想定した場合、豪ドル1,000通貨を保持するのにロスカットされないために必要な証拠金は28,300円ということになります。

ということで僕は切りよく30,000円入金して1,000通貨で運用開始しました。

ちなみに最大下落価格をここ10年の最低価格の75円と想定するなら

80円(現在価格)- 75円(最大下落価格) = 5円(最大下落幅)

最大損益:1,000通貨 × 5円 = 5,000円

なので、

ロスカットされない証拠金 = 3,300円(①必要証拠金) + 5,000円(②最大損益)= 8,300円

ですね(*^^)v

豪ドルスワップ運用の年利はどれくらい?

豪ドル1,000通貨をスワップ運用する際の必要証拠金は切りよく30,000円ということがが分かりました。

では実際に運用した場合にどれくらいのスワップ運用による年利が得られるのでしょうか?

ヒロセ通商スワップ

ヒロセ通商の場合、豪ドル1,000通貨を保持した場合1日5円のスワップ益を受け取れます。

なのでスワップ益による1年間の利益は

365日 × 5円 = 1,825円

となります。

よって年利は (1,825円 ÷ 30,000円)×100 = 約6% となります。

いいですねぇー。年利6%なら十分な利益です。

ちなみに証拠金を10倍の300,000円で運用した場合、当然年利は同じ約6%ですが、1日にもらえるスワップ利益が50円となりますので1年間のスワップ利益は

365日 × 50円 = 18,250円

となりますね(*^^)v

このスワップ益をさらに複利運用していけばいい感じの資産運用ができそうです。

ヒロセ通商公式サイト

豪ドルスワップ益の複利運用とは

さて1年間でどれくらいのスワップ益がもらえるかは分かりましたね。

では、このスワップを複利運用すると、もっと効率の良い資産運用が可能です。

豪ドル1万通貨で運用開始した場合、スワップ益が30,000円たまる毎に翌年に1,000通貨追加して運用します。

表にするとこんな感じです。

年数通貨数スワップ益
110,000¥18,250
210,000¥36,500
311,000¥56,575
411,000¥76,650
512,000¥98,550
613,000¥122,275
714,000¥147,825
814,000¥173,375
915,000¥200,750
1016,000¥229,950
1117,000¥260,975
1218,000¥293,825
1319,000¥328,500
1420,000¥365,000
1522,000¥405,150
1623,000¥447,125
1724,000¥490,925
1826,000¥538,375
1927,000¥587,650
2029,000¥640,575

スワップ益を複利運用した場合は20年後にはスワップ益が640,575円になっている計算です。

単純に複利運用しなかった場合は

1年間のスワップ益18,250円 × 20年間 = 365,000円

複利運用による違い
  • 複利運用なし:365,000円
  • 複利運用あり:640,575円

いかに複利運用がすごいかが分かりますね(*^^)v

というか複利運用しないとあきらかに損であることが分かります。

ちなみに毎月1万円を積み立て運用するとさらにすごいことになります。

要は3ヶ月で30,000円たまるので、その都度1,000豪ドル追加する感じです。

積立運用も併用するとかなり運用効率が良くなりますので、検討してくださいね。

僕はもう積立ビンボーなので、無理でーす(*^^)v

豪ドルスワップ運用FAQ

豪ドルのスワップ運用で一番スワップ益が良いのはどこですか?

ヒロセ通商です。(10,000通貨で1日50円)

 

豪ドルのスワップ運用は安全なのでしょうか?

レバレッジ次第です。過去最大の価格55円を想定した証拠金を用意しましょう。

 

最低いくらあれば運用可能ですか?

過去最低価格の55円までの下落を想定する場合3万円で1,000通貨運用可能です。

 

豪ドルのスワップ運用の参考となるブロガーさんは?

ねくさん(@nekutaru)です。【まとめ】豪ドル投資家に読んでほしい6つのテーマを読むべし!

ヒロセ通商での豪ドルスワップ運用まとめ

豪ドルアイキャッチ

資産運用の世界において年利5%で十分といわれているくらいですから、豪ドルスワップ運用の年利6%はかなり魅力であるといえます。

ただし、あくまでもスワップ益の話であって、当然為替差益は損益に影響してきますので、そこは理解しておいてくださいね。

例えば、豪ドルの価格が80円で10,000通貨保持していた場合、2年後に豪ドルの価格が70円だった場合はその10円の差については為替差益が発生します。

為替差益 = (80円 - 70円)× 10,000通貨 = 100,000円

要は2年後の為替差益は-100,000円です。

スワップ益は2年間で約36,000円となりますが、トータル損益はマイナスですね。

豪ドルの価格によっては何年たってもスワップ益より為替差益の方がマイナスが大きくなる可能性がありますので、そこは十分理解されておいてくださいね。

ただし、当然、その逆もあります。

2年後の豪ドル価格が90円だった場合、為替差益は+100,000円です。

で、今の豪ドルの価格はどうかというと、これでしたね。

豪ドル下落価格

現在は約80円ですが、ここ10年での最大下落価格は75円ですので、割と低価格水準になっていると思います。

要は買い場だと思っています。

というのもあって最近になって豪ドルスワップ運用をはじめようと考えました。

ここからさらに下落し次の価格ポイント75円になったら追加投資しようと思います。

仮にリーマンショック後の55円になっても、ロスカットには耐えれる証拠金ですので、安心してほったらかし投資できます。

ただ、まぁ、そこまで豪ドルの価格が下落することはほぼないのではないかと思います。

割と低価格の今のうちにヒロセ証券で豪ドルスワップ運用をはじめられてはいかがでしょうか?

豪ドル買っておくだけで、1年間で年利6%ですよ!

銀行預金するくらいなら豪ドル買っちゃいましょー(*^^)v

ヒロセ通商公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ運用のカテゴリも是非、ご覧くださいね。

またホーム画面もご覧いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください