これから始める初心者のためのFX資産運用・投資用語まとめ集・教科書

FXをはじめる初心者のための用語集

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

FXには色んな聞いたことが無いような用語が出てきます。

いちいちググって検索するのも大変だと思いますので、この記事に用語集としてまとめていきます(*^^)v

順次育てていきますので、みなさまのお役にたてれば幸いです。

FXの基礎用語集

証拠金

証拠金

取引口座に入金している金額。また取引により得た利益は証拠金となります。

たとえば10万円入金した直後の証拠金は10万円ですが、1万円の利益が確定したら証拠金は11万円となります。

必要証拠金

必要証拠金

FXプライム殿サイトより引用~

この表のとおりとある通貨をとある数量で取引するために必要なお金のことです。

この表だと米ドル/円1万通貨を取引するのに必要なお金は45,374円ということです。

実際ドル円は113円くらいですので、ドル円を1万通貨買おうと思えば、ほんとは113万円必要ですよね?

それがなんで約45,000円で買えるのかというと、それがFX特有のレバレッジというものがあるからです。

必要証拠金は実際の取引金額をレバレッジ25倍で割ったものであると思ってください。

証拠金有効比率(維持率)

証拠金有効比率

証拠金有効比率とは現在の取引状況における証拠金の額がどれくらい安全かを表す比率です。

この証拠金有効比率が100%を下回るとロスカットされてしまいます。

証拠金有効比率は以下の計算式で計算されます。

証拠金有効比率 = 有効証拠金(証拠金-為替差益(含み損益)) ÷ 必要証拠金 × 100

取引単位

取引を行う際の単位のこと。

10,000通貨、1,000通貨、100通貨、1通貨と取引所によって最低取引単位が決まっています。

例えば米ドル/円を10,000通貨単位で取引すると1米ドルが113円だとして、かける1万通貨で113万円必要ということです。

でもFXではレバレッジという制度があるので、実際には113万円もいりません。

最近では1,000通貨単位の取引所が一般的です。

1通貨単位で取引できるのはSBIFXトレードです。

初心者の方はSBIFXトレードでまずは練習すると良いです(*^^)v

1,000円もあれば十分ですよ。

参考:FX初心者が少額でトレードしたいならおすすめ口座は間違いなくここ

レバレッジ

レバレッジ

レバレッジとはてこのことです。

日本の取引所ではレバレッジは最大25倍までという規制があります。(海外は100倍以上)

このレバレッジがあるためFXでは少ない金額でも大きな金額の取引が可能となっています。

さきほどの必要証拠金の例を見ると

1,130,000円 ÷ 45,000円=約25倍であることが分かります。

FXのトレード用語集

スプレッド

スプレッド

スプレッドとは買い値と売り値の差のことです。実質、取引手数料となります。実際、どれくらいの手数料になるのか?

上記の価格を例に説明します。

スプレッド
  • 買値:113.407円
  • 売値:113.404円
  • 差額:0.003円

ドル/円1通貨の差額が0.003円なので、ドル/円を10,000通貨買ったとすると

スプレッド=0.003円×10000=30円

の手数料が発生します。

つまりこの30円が取引所に手数料として支払うお金になります。

なので、このスプレッドが小さければ小さいほど、取引が有利になる訳ですね。

ポジション、含み損益

ポジション

注文が完了して決済する前のものをポジション(建玉)といいます。

ポジションの評価損益のことを含み損益といいます。

一番上のポジションだとポンド円の売りポジションで、含み損益は-420円ですね。

ちなみに

買いポジション:ロングポジション

売りポジション:ショートポジション

と呼んだりします。

ロスカット

今もっているポジションの含み損益に対して十分な有効証拠金比率でない場合、強制的にシステム決済され損が確定されること。

通常、有効証拠金比率が100%を下回るとロスカットされます。

スワップポイント

スワップポイント表

FXプライム殿サイトより引用~

通貨間の金利差による利息ポイントのこと。

この利息ポイントが毎日もらえて、買ってる場合と売ってる場合でプラスポイントだったりマイナスポイントだったりします。

この表の見方ですが、

ドル円1万通貨を買っている場合
  • 11月1日は210円のスワップがもらえる
  • 11月2日は65円のスワップがもらえる
ドル円1万通貨を売っている場合
  • 11月1日は-250円のスワップが取られる(マイナスになる)
  • 11月2日は-80円のスワップが取られる(マイナスになる)

という感じです。

このプラスのスワップポイントを利用した運用をスワップポイント運用と呼ばれ、FXの初心者の方に超おすすめの運用です。

初心者におすすな理由:FXのやり方は3つある。初心者におすすめな方法を危険性から考える

スワップポイントは取引所によって全く異なります。

なので、スワップポイント運用をする場合はどの通貨をどの取引所で運用するかが重要となります。

当然、スワップポイントが高い取引所で運用しましょうねってことです(*^^)v

参考:ヒロセ通称でスワップ運用するなら豪ドルが評判。なんと金利年6%

参考:メキシコペソスワップ運用はFXプライムがおすすめ。なんと年利30%

逆に売りポジションを長期間持ってしまうとマイナスのスワップポイントで毎日お金が減っていきますので、注意が必要です。

指値・逆指値

指値逆指値

上記の黄色丸で買い注文をした場合、損を確定させる価格に逆指値の売り注文を、利益を確定させる価格に指値の売り注文を入れるという言い方をします。

指値・逆指値
  • 指値:利益を確定させる価格に注文すること
  • 逆指値:損を確定させる価格に注文すること

裁量トレード・自動売買トレード

裁量トレード・自動売買トレード
  • 裁量トレード:自分で手動で行う取引
  • 自動売買トレード:システムに任せて自動で行う取引
  • サイコロトレード:サイコロの目で買いもしくは売りを行う取引(ネタです(*^^)v)

裁量トレード参考記事:FX初心者がブログでトレード記録公開!勝ちトレーダーまでの軌跡

自動売買トレード参考記事:FX自動売買を比較!初心者におすすめはどれ?ブログで手数料など分析

サイコロトレード参考記事:SBIFXトレード通貨10種類をサイコロトレードして勝率を検証

あわせて読みたいFX関連の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください