SBI証券と楽天証券どっちがおすすめ?積立NISAや手数料など比較して使い分けしよう

SBI証券VS楽天証券

こんにちわ。めざお(@Mezaoku_tweet)です。

証券会社と聞いて、思い浮かぶのは「SBI証券」と「楽天証券」ではないでしょうか?

そして誰もがはじめは「どっちがオススメなんだ?」という疑問を持たれることでしょう。

結論から言いますとSBI証券も楽天証券もどちらもおすすめです。

両方の口座を開設されて、お好きな金融商品で資産運用されると良いと思います。

SBI証券公式サイト

楽天証券公式サイト

SBI証券・楽天証券のおすすめポイントを見ていきたいと思います。

SBI証券と楽天証券は金融商品の種類が豊富

SBI証券と楽天証券はとにかく金融商品の種類が豊富です。

sbi楽天比較

※1:SBI証券はウェルスナビ(WealthNavi)とテオ(THEO)、楽天証券は楽ラップ

SBI証券も楽天証券も取り扱い商品に差はありませんが、ロボアドバイザーに関してはウェルスナビとテオを取り扱っているSBI証券のほうが良いかなという感じです。

関連記事>>>ウェルスナビ(WealthNavi)で低リスクな資産運用と自動税金最適化

めざおはSBI証券でウェルスナビとテオ、楽天証券では楽ラップと3つとも運用してます(^^)/

SBI証券と楽天証券TOP画面のイメージ

SBI証券のTOP画面

SBI画面

楽天証券のTOP画面

楽天画面

トップ画面の違いとしては以下ですかね。

  • 総資産 :楽天証券
  • 買付余力:SBI証券、楽天証券
  • 銘柄検索:SBI証券

好みの差ですが、どちらかというと、TOP画面は楽天証券の方がおすすめで見やすいと感じてます。

住信SBIネット銀行・楽天銀行との連携

なんといってもネットバンク(住信SBIネット銀行、楽天銀行)のサービスが魅力です。

証券口座のみでなく、必ずネットバック口座も開設しておきましょうね。

入金するだけで、金融商品が売買可能となります。(いちいち証券口座に入金しなくてよい)

これは当然としてそれぞれのメリットを紹介します。

SBI証券(住信SBIネット銀行)

・振込手数料無料

SBI銀行・ATM手数料無料

SBI銀行2

ランクに応じて、毎月の他行への振込やATM手数料が無料(回数制限あり)となります。

SBIランク

普通の方であれば、おそらくランク2になると思います。(ランクの判定条件>>>住信SBIネット銀行ランク判定条件

これ、超便利なんですよねー。

仮想通貨やトライオートETFへ追加入金したい場合に住信SBIネット銀行からすぐに入金可能です。

わざわざ外出する必要もありませんし手数料無料ですしね。

ATM手数料無料っていうのもいいですよね。コンビニや郵便局から引き出し可能です。しかも24時間365日です。

僕はかなり重宝しています(*^^)v

通常振込は250円、引き出しは105円とか手数料かかりますので、年間で考えると手数料もばかになりませんので、是非、住信SBIネット銀行の口座開設もされてください。

というか資産運用されてる方で住信SBIネット銀行に口座開設されていない方なんていなんじゃないかと思います。

楽天証券(楽天銀行)

・マネーブリッジ

楽天銀行

楽天銀行の口座開設後にマネーブリッジに申し込むとなんと普通預金の金利が年0.1%(税引き後0.079%)となります。

今の時代通常銀行の金利なんて0.001%とかですから、これなら預けるメリットは多少ありますよね(^^)/

マネーブリッジは楽天証券の口座開設後に別途申し込みが必要です。当然無料です。

・ハッピープログラム

ハッピープログラム

楽天銀行の方は住信SBIネット銀行と比べると振込手数料が無料になるサービスはないようです。

ハッピープログラムにエントリーしておくと株式や投資信託の売買により楽天ポイントが付与されます。

そのポイントを楽天市場での買い物に使用したり他行への振込手数料に使用したりすることが可能です。

ただ、楽天証券のおすすめポイントは楽天ポイントで投資信託の買付が可能なんです。

すごいサービスなので後で説明します。

SBIポイントと楽天スーパーポイント

よくあるポイント還元ですが、SBI証券にも楽天証券にもあります。それぞれどんな感じかご紹介しますね。

SBIポイント

SBI証券にて取引したり投資信託のファンドを保持してると毎月SBIポイントが付与されます。

SBIポイント獲得方法

このSBIポイントをSBI iDというSBIのポイントサイトで現金や商品に交換可能です。(SBIポイント交換サイト

SBIポイント交換

これはJALやANAのマイル交換サービスみたいなもんですね。1ポイント=0.85円で現金へ交換可能です。

還元率を例でみてみましょうか。例えば100万円の投資信託を1年保持していた場合。(信託報酬0.5%で計算)

信託報酬額:100万円 × 0.005(0.5%) = 5,000円

ポイント額:100万円 × 0.001(0.1%) = 1,000ポイント = 850円

実質、信託報酬額が4150円になる感じです。んー。あんまりお得感はないかですね(^^)/

楽天スーパーポイント

一方、楽天スーパーポイントの方はなんと投資信託の買い付けが可能です。

これが楽天証券のおすすめポイントです。素晴らしすぎるサービスですよね。

だって、楽天スーパーポイントって日常生活においてすごく貯めやすいじゃないですか。

楽天カード使えばもらえますし。楽天カードまーんですね(^^)/

僕は普段は全て楽天カードで買い物してます。

コンビニ、スーパー、ネットショッピング、ガス、水道、電気の引き落とし等々、ありとあらゆる決済物は全て楽天カード使用です。

で、その楽天スーパーポイントを投資信託の買い付けに利用しています。

楽天ポイントで買い付け

ほんと良い時代すぎますよね。資産運用するあたり、この楽天証券の楽天ポイントでの買い付けを使わない手はありません。

楽天ポイントでの投資。絶対にやらないと損です。

出張でよく飛行機に乗るサラリーマンの方とかは、楽天トラベルのポイントやANAで貯めたマイルを楽天ポイントに交換して投資に利用すると良いですよ(^^)/

(追記)ごめんなさい。早速ANAの10000マイルを楽天ポイントに交換して購入しようとしたら、どうやら特典交換等により変換したポイントは使用できないようです。。。もう交換しちゃったよぉ。。。

楽天ポイント

ということで、早速楽天スーパーポイントで5,100円分買い付けしました。やったー!!

ポイント買い付け

これなら投資されてない方でも気軽に投資はじめられるので良いサービスだと思います。

2018年10月10日追記。

ついに楽天ポイントでの投資信託の積立にも対応されました。

楽天ポイント投資信託積立

これはすごいっ。これで毎月いちいち楽天ポイントで買付する必要がなくなりました。

最高です!!

楽天証券に口座がなければ必ず作成しましょうね(*^^)v

楽天証券無料口座登録

楽天証券の口座開設詳細記事は以下をお読みください。

参考:楽天証券口座開設の日数は3日。流れ・キャンペーン・やるべきことを解説

楽天カードをお持ちでなければ是非つくりましょう!!

楽天カード入会

5000円分のポイントキャッシュバックありですよ。是非是非っ。

しかも2018年10月27日から上限5万円として楽天カードでの投資信託買付が可能となるようです。

別記事にしましたので、是非、お読みください。

参考:楽天証券投信積立が楽天カード決済可能に!1%ポイント還元で実質信託報酬無料


実質、投資信託にかかる手数料(信託報酬)がタダとなります。

楽天証券で投資信託されている方は楽天カードの作成は必須ですね。

お持ちでなければ是非、作成しましょう!!

楽天カードを作成する

SBI証券と楽天証券の積立サービスについて

さて、資産運用するのであれば、積立投資は王道ですね。重要なのでポイントみてみましょう。

SBI証券の積立サービス

毎日積立サービスに対応しています。

SBI積み立て試算画面

この毎日積立サービスは楽天証券にはありません。

究極のドルコスト平均法なので良いです。

積み立てNISA設定画面

関連記事>>>ひふみプラスで積立資産運用

SBI証券で積立運用するなら毎日積立サービスがおすすめです(^^)/

僕も毎日積立で積立NISA口座で運用中です。

楽天証券の積立サービス

一方、楽天証券は毎日積立には対応してません。

楽天積み立て画面

楽天証券のおすすめポイントは画面が見やすくていいですね(^^)/

NISA(ニーサ)と積立NISA(ニーサ)の違い

さて、さきほど少し触れましたが、めざおは積立NISA口座で運用してます。

これは今年2018年から新しく始まったサービスです。今までのNISAと何が違うのでしょう?簡単に表にしました。

NISA違い

NISA

つみたてNISAの場合は非課税枠は年間40万円まで期間は20年間。一方、NISAだと年間の非課税枠は年間120万円ですが、期間は5年となりますので、どちらも一長一短。

非課税枠とは利益額ではありませんからね。例えば、既存NISAの場合120万円分の株を購入した場合利益がいくら出ても非課税です。

でも200万円分の株を購入して利益が出た場合、200万円-120万円(非課税枠)=80万円に対する利益については課税(20%)されます。

ご自分の運用プランに合わせてどちらで運用するか検討してくださいね。

資産運用するのであれば、ニーサ(NISA)制度を利用しないなんてあり得ませんので必ず開設されてくださいね。

注意

既存NISA、つみたてNISA両方の併用はできません。どちらか一方、かつ1つの証券会社でのみの運用となります。

なので、両方運用したいのであれば、自分はSBI証券でつみたてNISAで運用し、嫁さん名義で楽天証券に口座開設し既存NISAで運用のようにするしかありません。

SBI証券の手数料と楽天証券の手数料

SBI証券のサイトに分かりやすい手数料の比較表が掲載されてましたので、ご覧ください。

スタンダードプランとの比較

スタンダードプラン

手数料は同じですが、ポイント還元がSBI証券の方が0.1%だけお得なようです。

アクティブプランとの比較

アクティブプラン

約定金額が100万円を超えると若干、SBI証券の方がお得なようです。

手数料プランの補足

スタンダードプランはあまり取引しない人向けの手数料、アクティブプランは1日に何度も取引する人向けの手数料プランと考えれ良いです。

ま、この表だけ見るとSBI証券の手数料の方が魅力的に見えるかもしれませんが、僕らのような小口投資家ならどちらの手数料でも変わりありませんので気にする必要はないです。

資産が増えてきたら少し意識した方がいいかもですね(*^^)v

SBI証券のメリットと楽天証券のメリットまとめ

さて、ざっと紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

勉強不足な部分がありますので間違いがあれば申し訳ありません。

SBI証券も楽天証券も取り扱い商品も豊富ですしおすすめです。どちらで資産運用されても全く問題ないと思います。

楽天証券の場合、日経新聞が無料で閲覧できる(日経テレコン(楽天証券版))ことも大きなメリットです。

あとは画面の使いやすさとかでしょうが、それは人それぞれの好みですからね。

いかに効率よく、いかにうまく証券会社のサービスを使い分け利用して資産運用していくかが重要だと思います。

SBI証券の毎日積立サービスや楽天証券のポイントでの投資信託買付はかなりおすすめです。

またロボアドバイザーが運用できるのも魅力の一つですね(*^^)v

やはり、SBI証券・楽天証券ともにおすすめで素晴らしい証券会社です。

口座開設されてなければ、今すぐにでも開設されることをおすすめします。

楽天証券の口座開設詳細記事は以下をお読みください。

参考:楽天証券口座開設の日数は3日。流れ・キャンペーン・やるべきことを解説

SBI証券公式サイト

毎日積み立てサービスがおすすめ

SBI証券公式サイト

楽天証券公式サイト

楽天ポイントでの投資信託買付がおすすめ

楽天証券公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

ツイッターフォロー(めざお:@Mezaoku_tweet)いただけると嬉しいです(^^)/

絶対面白いので色々な運用実績みてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください